トップページ準備中です。



ご連絡はこちらから!


過去の記事へ

2013年05月24日

qui passent(キ・パス)【Collaboration Work】

本日は休止前最後のニコ生、そしてYTYで路上人でございました!

この辺りのことは明日辺りに書こうかと思いまして、

本日は先週のゆうしんさんとのコラボです!


『qui passent(キ・パス)』(題:Ryuta)

IMG_0551.jpg



※作品の無断使用はご遠慮くださいませ!


何気ない普遍的な様子を、ということで

ラフな作品です。


ラフというのは個人的には「簡単なデフォルメ」のように思えます。

それによって「意識の隅」は浮き彫りになります。


意識の隅で雑踏は移り変わっていきます。

目に見える実体の集合であるのだけれど、

それを意識して全体を捉えるのは難しい。


この絵を見ていると、

それはヒトであるのだけれど

「個」を持たないもので、

遠ざかるほどはっきりしないものになっていきます。


はっきりしないものほどデフォルメされ、

通り過ぎていくことを強調しています。


今回は第一テーマ以外はほとんど即興で曲を付けました。

音もまた移り変わるものであって、

またある程度の音階を持つ音の場合は、

ほとんど何かしらの関係性を持ちます。


その辺りを今回は即興と、

旋法を多用したりすることで強調しています。


通り過ぎていくもの(qui passent)は、

普段ほとんど何の注意も払われないのだけれど、

それが一旦デフォルメされると、

何かしらの関係性を帯びているように感じられます。


普遍というのは通り過ぎていくものなのかもしれません。


posted by Ryuta at 01:57| Comment(0) | コラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。