トップページ準備中です。


ご連絡はこちらから!


過去の記事へ

2016年01月24日

シンセサイザー打ち込みセミナー

Bonsoir.

Ryutaです。


本日はシンセサイザーのセミナーをさせていただきました!


12631310_545341608957711_5035455423714491645_n.jpg


私も愛用しているRoland FA-06のプロモーションです。

シーケンサー機能を使った打ち込みのノウハウを、伝授させていただきました!


元々は私もFantom Xを使って、中学生のときから打ち込みをやっていたので懐かしいです。

今やDTMとしてパソコンを使った作曲が当たり前の世の中で、

ワークステーションシンセの打ち込みの文化が今も残っていて、

その良さを伝えられるのは嬉しいことです。


今となっては私もパソコンがメインで手放せませんが、

St.Anthonyのころの曲はほとんどシンセのシーケンサーで作っていた気がします。

手っ取り早く、スケッチできてしまうのがワークステーションの良いところです。

Fantom Xはその辺りで駆使しすぎてトランスポートの停止ボタンやら効かなくなっています(笑)


ワークステーションの文化は、今後も何かしらの形で残ってほしいなぁ。
posted by Ryuta at 03:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。